無理なダイエットが生理に及ぼす影響とは?

521056044de21c656116b39da146950f_s
痩せたいと思った人が、無理なダイエットをしてしまい体調を崩してしまうことがあります。

体調を崩すだけではなく、美容や生理などにも影響を与えてしまう可能性があるため注意が必要です。特に急激に痩せる極端なダイエットを行なっている場合は、危険だといわれています。

無理に痩せようとする場合には、手軽な方法として食事の摂取量を減らしてカロリーカットすることも多いです。
そうすると体は栄養不足になってしまいます。栄養不足の状態が続くと脳は体が危険な状態であると判断して、生命維持に必要のない排卵を止めたりしてしまいます。

また、排卵が止まらないまでも十分な食事を取れずにストレスになってしまうことも考えられます。このような状態が続くと無月経になってしまったり、生理周期が乱れて不順になってしまう可能性も大いにあるのです。

そのような状態になった場合、体重を元に戻して、病院で治療する必要が出てきてしまいます。
そうならないためにも、食事を減らしてカロリーカットするのではなく、なるべく低カロリーなものを選択しながら栄養バランス良く食事をし、運動をして筋肉をつけていくという長期的なダイエットが必要です。

無理にダイエットをすれば美容にも影響が出てくるため、痩せるなら綺麗に痩せていくことが大切です。

子育てで時間がない!そんなママでも出来る室内ダイエット

産後、子育てをしていると自分の時間もしっかりととれません。日々、忙しく過ごしていると、産後の体の変化なども元の状態になかなか戻せずにいる方もいるでしょう。
ダイエットをしたいと考えても、その時間がとれない、外で運動をしたいけど、そんな余裕もないと嘆いている方もいるかもしれません。

a1109a7591408936c8094d3f0125b4a0_s

そのような悩みを抱えている場合には、外にでなくても室内でダイエットすることを考えましょう。

まずは食事制限をすることが大切です。食事は栄養バランスの摂れる食事をすることが大切です。極端な食事制限は、栄養の偏りを招き、体に必要な栄養が不足してしまうことにもなりかねません。そのようなことにならないためにも、極端な食事制限は避け、適度に栄養バランスの取れた食生活をすることも重要です。

また、室内でできることといえば、ストレッチやマッサージ、筋力トレーニングなどもダイエットにつながります。ストレッチやマッサージをして、血流の改善やリンパの流れをよくすることで、むくみなどの解消にもなるでしょう。また、軽く筋力トレーニングをすることで、筋肉を引き締めることにもなりますが、これも過度にやってしまうと筋肉により太くなる可能性があるため、ほどほどにするのもポイントといえます。

1週間の断食でどれくらい体重は落ちるもの?

究極のダイエットともいえる断食。

a21a4da4797ebfa59fbaf4915e9c63c8_s

果たして、食を断つというつらい思いをして、それに見合うだけの効果が見込めるのでしょうか。

一般的に、1日断食するごとに1キロ減ると言われています。単純に計算すれば、1週間で7キロ減ということになりますが、当然、これは元の体重によって異なりますし、断食の経過期間によっても異なります。始めた当初は効果が顕著に表れますし、進めば若干表れにくくなります。

痩せるペースは1日目から5日目は体重の2%程度、6日目以降は0.8%程度です。体重50キロの人なら7日間で5.5キロ、60キロなら6.6キロ、70キロなら7.7キロ減ることになります。

それなりの効果があるわけですが、食を断つという荒療治。そのために健康を害してしまっては本末転倒です。いろいろ注意しなければいけないことがあります。

固形物は口にしないわけですが、その代わり、水分はいつもより多めにとるようにします。これは、食を断つことによって生じた老廃物や不要物を体外に排出するために水分が必要だからです。

それから、当然体力は落ちますから、激しい運動はしないようにしなければいけません。
1週間たって、見事に減量に成功したとしても、それからが最も大切です。休んでいた消化器官をいたわりながら元に戻していかなければいけません。

最低3日間はおかゆ、温野菜などで回復を図ります。

はたして1日1000キロカロリーを続けたらどれくらい痩せるか?

79554a37399d41b866b7addbbabcd436_s

ダイエットに本気で取り組むとハードな内容でも耐えられるものです。成人女性の基本的な1日摂取カロリーは1200~1500(個人差あり)辺りなので1日1000カロリー摂取ならどんどんと痩せていきます。
当然食事もダイエットメニューにする必要があります。その人の運動量によりますが、1日だけなら数重グラムでだけも一ヶ月で2~3キロの減量が可能です。

美容に良くてカロリーが低い、野菜全般・豆腐・きのこ・海藻・鳥胸肉をメインにしてみましょう。

おすすめは胸肉、もやし、玉ねぎをめんつゆや基本調味料で煮込んで味付けをして、仕上げに刻んだ大葉と長ねぎ・大根おろしをかけるメニューがお財布にもダイエットにも良くて一石二鳥です。ここは個人の味覚によりますが、キムチや納豆に抵抗がない方なら大根おろしとの相乗効果も見込めて追加すると良いでしょう。

他にもひき肉と豆腐とおからを混ぜたハンバーグ、季節野菜をふんだんにとりいれた肉なしのカレーや麻婆豆腐などダイエット料理は数えきれないほどありますが、どれにも共通して言えることは栄養をふんだんに取る・あくまで無理をしない事です。

人間の身体は摂取カロリーが低いほど基礎代謝値が下がります。
本来が小食の方ならずっと低カロリーメニュー継続でも大丈夫ですが、普段は脂っこいものや甘いものを食べている方なら、摂取カロリーを一時押さえて運動をして筋肉を増やす事がダイエット成功の秘訣になります。

痩せにくいとされる二人目の産後におすすめのダイエット

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

2人目の出産後のダイエットの方法について興味を持っている人は、年々増加しており、いざという時に備えて、便利な情報を仕入れることがとてもおすすめです。

現在のところ、産後の体重増加に関する悩みを抱えている人が目立っていますが、将来的なトラブルを回避するために、色々な立場の人の意見を聞き入れることが良いでしょう。

また、ダイエットの効果の良しあしに関しては、一般の女性にとって、すぐに判断をすることが難しいことがありますが、定期的に同年代の人からアドバイスを受けることによって、様々なリスクを防ぐことができます。

人気の高い産後ダイエットの方法として、サプリメントやドリンクなどを利用している女性が増えてきており、少しでも健康的な体型を目指したい場合には、複数の商品の成分の種類や効能などをチェックすることが大事です。

一般的に、産後の体重増加の原因については、人それぞれの生活習慣やホルモンバランスなどの影響を受けやすいことがありますが、医師や看護師、管理栄養士などに相談をしつつ、安心して対応を取ることがポイントです。

その他、リバウンドのリスクを考慮するうえで、複数の成功体験談をチェックすることがコツです。

1ヶ月で10キロ痩せる方法|実はこんなに大変でした…

ダイエットするならとことん痩せたい!と思うことは誰にでもあること。コツを掴めば一ヶ月で10キロ痩せる事は可能です。その方法をご紹介致します。

一ヶ月で10キロも痩せるということは言うまでもなく相当ハードな行為です。相応の決意や覚悟は勿論ですが、まず目標とモチベーション維持を狙いましょう。

まず自分は何のために痩せたいか。自分または友人の結婚式があるからその日までにドレスを着る為にダイエットしたい、周りから太っているとバカにされたから、などきっかけは様々です。目標は違えど、とにもかくにもダイエットは強い決意の元に成り立っています。その上で次の事を実践しましょう。

・無理のない定期的な運動をする
・油は控えめにする(全く摂らないと肌荒れや髪カサカサ等の原因になるのでNG)
・夕方又は夜~朝までは食べない
・どうしてもお腹がすいたらダイエットサポート食を少し食べるか炭酸水を飲む
・(女性なら)生理終了直後を狙う

どれも単独で見れば効果は薄く見えますが、毎日継続するだけで一ヶ月後はっきりと効果は現れます。一ヶ月の短期、それ以上の長期の差はあれどもリバウンドしないコツはどれだけ無理が無く続けられるかにかかっているからです。

ただし元々痩せているのは勿論、標準体型の方が一ヶ月で10キロも痩せるという事はその人の病気や事情によるとはいえおすすめしません。体重が50キロの方なら一ヶ月で2キロ減少あたりにとどめておかないと、リバウンドや健康の危険にさらされるからです。

急激なダイエットは美貌と危険を招く諸刃の剣です。自分と向き合って確実に安全に行いましょう。

本当に痩せるの?産後の母乳ダイエットの真相

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

妊娠すると体重は増えてしまいますが、放っておいても体重は減ることはないため産後はきちんとダイエットを行うことが大切です。
中でも産後に痩せるのに効果的だとされているのが、母乳を使ったダイエットになります。

出産後はプロラクチンというホルモンが分泌されて乳腺を活発化させることで母乳を生成させるようになります。材料として使われるのが母体の血液で、入管という管を通って赤ちゃんが乳首を吸うことによって、オキシトシンというホルモンが働きかけることで乳首周りの筋肉を収縮させて乳房から乳を押し出します。

これを続けていると1日約800〜1000キロカロリーを消費するとされています。これは一時間以上ジョギングをすることで消費するカロリー量で、赤ちゃんにご飯を提供するだけでカロリーを消費することにつながるのです。

食生活や赤ちゃんが飲む量にもよって消費されるカロリーは異なってきますが、和食中心の食生活を行っていけば出産前よりも痩せることができるケースもあります。

ただし注意したいのが、短期間で減量できてしまう場合です。あまりにも痩せすぎてしまうと母体の健康が損なわれてしまうため断乳する必要が出てくる可能性もあるため注意が必要となります。

こんなのあります!産後ダイエットにおすすめのアプリ

産後ダイエットに挑戦をしている女性の数は、年々増加し続けており、スマートフォンのアプリを利用しながら、体重の管理をしっかりと行うことが重要なテーマのひとつとして位置付けられています。

特に、使い勝手の良いアプリの特徴として、リーズナブルな利用料金が設定されているだけでなく、外出先で気軽に使用できること等が挙げられます。

ddd17ea3f5ec98bffe6946c08d44010c_s

産後の体重の増加について、悩みを抱えている女性は、日本中に大勢いるといわれていますが、短期間のうちに理想的なスタイルを目指したい場合には、複数の情報源を活用することで、誰しも安心して知識を身に着けることが可能となります。

産後ダイエットの効果の現れ方に関しては、それぞれの体質やホルモンバランス、新陳代謝などの影響を受けやすいことがありますが、時には医師や薬剤師、管理栄養士などからアドバイスを受けることが良いでしょう。

また、産後ダイエットの成功率については、数多くのメディアで特集が組まれることがあるため、空き時間を使いながら、便利なツールを活用することが望ましいといえます。

その他、最新式のアプリの契約方法やアフターサービスの良しあしに注目をすることで、将来的なリスクを回避できます。

産後ダイエットにサプリメント…授乳中に飲んでも大丈夫?

ade79824e25d259a186d4b53f7fe5a00_s
出産後の女性の多くは妊娠により体型が変化してしまうため、妊娠前に状態に戻そうと産後ダイエットに励む女性が沢山います。
産後はなかなか運動する時間を作れないことから、手軽に出来るものとしてサプリメントが人気です。

しかし、授乳中のママが飲んでも赤ちゃんに影響はないのでしょうか。

授乳中でも飲める商品は多々あります。でも、それ以外の時期とは体の状態や取り巻く環境は異なるので、「授乳中でも飲める」ものを選ばないといけません。

注意しないといけないのは成分です。
即効性のある原料方法として、下剤が使用されているサプリメントは人気なのですが、下剤は母乳の生成に必要な栄養素も排除してしまう可能性があるため、産後の身体にはNGです。

一方、ダイエットサプリでも栄養を排除するものではなく、体の代謝を高める成分を主として作られているものがあります。

これは、基礎代謝が高まることにより、これまでと同じ生活をしていても脂肪が燃えやすくなるという効果が期待できるもので、酵素などが代謝を高める効果のある成分として知られています。

酵素は赤ちゃんの身体にも必要なものなので、産後のママでも安心して飲むことができるのでおすすめです。

産後はどのような体重の減り方をする?

2715167ad107982190de65bc144102f5_s

妊娠、出産で太ってしまい、元のスタイルに戻すために産後にダイエットを行いたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

産後ダイエットを行いたいと思っている方は、痩せやすい時期があるので、その時期に合わせてダイエットを行うと効果的に体重を落とすことができます。

出産後は、出産の疲れが残り体調も完全ではないので、1ヶ月はダイエットを行わないほうが良いでしょう。ダイエットを始まるのは2ヶ月を経った後くらいから始めましょう。

産後6ヶ月は痩せやすい時期なので、6ヶ月の間にダイエットを行うと成功しやすいと言われています。この時期は、ホルモンバランスが変化しやすく、溜まった脂肪も落ちやすい期間です。

特に3ヶ月の間は特にダイエットを行わなくても痩せる人も少なくはありません。逆にこの時期にしっかり脂肪を落とさなければ、それ以降はなかなか脂肪が落ちにくくなるので注意が必要です。

出産時は、骨盤が大きく開き、歪みが生じます。骨盤の歪みは、産後6ヶ月の間に元に戻ろうとするので、この時期は、骨盤バンドなどを使用してしっかり矯正を行いましょう。

歪みを整える商品は多く販売されているのでお試しをしてみてはいかがでしょうか。歪んだままにしておくと下半身太りの原因になるので注意が必要です。